新規会員登録で【5%OFFクーポン】 新規会員登録で【5%OFFクーポン】

スタッフブログ

【樹木のヒトリゴト】突然のWhat’s in my pouch?ブビンガ編

【樹木のヒトリゴト】突然のWhat’s in my pouch?ブビンガ編

こんにちは。ブビンガです。

突然ですが、みんな大好き「What’s in my bag?」(バッグの中身は何が入っていますか?)は、雑誌などでよく見かける特集ですよね。


今回はふと思い立って、スタッフ・ブビンガのポーチの中身のご紹介を。
(そんなに興味はないかもしれませんし、大層なものではありませんが笑)

ポーチというか巾着です笑。
こちらの巾着袋、何年か前の東京国立近代美術館で開催されていた「没後40年 熊谷守一展」のグッズ販売で購入したお気に入りです!

熊谷守一特有のイエローオーカー(黄土色)の地に赤い輪郭線の絵柄が刺繍で施されています。

作品名は分からないのですが、木の根元に座る女の人の髪が風に吹かれている様子や、犬なのか猫なのか分からない黒い動物が何とも可愛く思え、ツボです。

中身はというと…

無印のメガネ拭き、ベビーワセリンリップ、痛み止めのリングルアイビー、無印の裁縫セット、USB-Aコンセント充電器を入れています。

ごく、最低限の持ち物ですね。。。
普段は大きなバッグに複数のポーチに小分けしてものを入れていますが、こちらの巾着袋はその内の1つです。


中身はマイナーチェンジもします。

▲MUKU ten. mini「ハシキレ」ディスプレイボードの上にそれらしく並べてみました☺

 

他のスタッフのポーチも気になりますね~
(勝手に始めてスミマセン)
いつかの報告を待ちましょう!

次回は6/13(木)更新予定です。
お楽しみにー

 

Read more

【樹木のヒトリゴト】久しぶりに美術館へ

【樹木のヒトリゴト】久しぶりに美術館へ

こんにちは、アフロモシアです。

すっかり初夏ですね。
お出かけには心地よい季節です。

久しぶりに美術館に行ってきましたよ。
今回は静岡市にある静岡県立美術館で開催中の「テオ・ヤンセン展」です。

テオ・ヤンセンはオランダのアーティストで、物理学を学んでいたのですが、途中からアーティストに転向された作家さんです。
私はよく思うのですが、研究者とアーティストって同じ人種だと思うのですよね。
飽くなき好奇心と探究心!
彼が作る作品は「ストランドビースト(Strandbeest)」と言って風の力を利用して、砂浜を歩く生物のような作品です。
材料はホームセンターで手に入るような、プラスチックのパイプや結束バンドやペットボトルを使っています。

会期中は毎日ストランドビーストが動く様子が実際に見られる「リ・アニメーション」を実施しています。
入館してすぐに始まったので、まずリ・アニメーションを見ました。
見やすそうなところに陣取って、食い入るように見てしまいました。
こういう時ついつい子供に戻ってしまいます。
実際は風を受けて動くのですが、館内で風がないので、胃袋と呼ばれるペットボトルに空気を溜めて動いてくれました。

 

 

一生懸命歩く姿が愛おしくて、連れて帰りたくなりました。
ただ歩くだけでなく、水を感知するセンサーがついていて、水を感知すると方向転換するのです。
泳げないので海に入らないようにするためだそうです。
 
いろんなタイプのビーストたちと、それらが動く映像が流れていて、完全に魅了されてしまいました。

静岡県立美術館は建物やそこにつながるプロムナードも素敵で、大好きな美術館のひとつです。

館内のちょっとしたところが美しくて、ゆったりとした空気が流れています。

久しぶりにいい時間を過ごせました。

次回は5/30(木)更新予定です。
お楽しみに!

 

 

Read more

【樹木のヒトリゴト】富士市の音楽フェス「FUJI&SUN」へ!

【樹木のヒトリゴト】富士市の音楽フェス「FUJI&SUN」へ!

こんにちは、サイプレスです!

先日、有休休暇をいただきまして、静岡県富士市で毎年開催されている「FUJI&SUN」へ行ってまいりました!
今年5回目となる「FUJI&SUN」は、冨士市民であれば誰でも知っている「富士山こどもの国」で開催する音楽フェス。

雄大な富士山を眺めながら音楽を楽しむことができ、より特別感のある光景でした!

アーティストによっては撮影OKでした。
本当に良いのかなぁと恐る恐る撮影した一枚。

駐車場から会場までの道のりも富士山が見守ってくれていました。
見晴らしが良く、お散歩気分で気持ちが良かったです。

ご飯屋さんも多数出展しており、地元静岡県の店舗もありました。
するとどこかで見たことのある店名。


三島市に店舗を構える「ラーメンやんぐ」さんです!
店舗がおしゃれでらーめんも美味しいと噂のお店。

トムヤムトマト麺をいただきました。
とってもとっても美味しくて、胃袋が2つあったらおかわりしたいくらいでした。
5月ですが山の麓はまだまだ寒く、身にも心にも沁み渡りました、、、

 

家族連れで来ている方も多く、子供たちも楽しそうにしていて微笑ましかったです。
「富士山こどもの国」は芝生だけでなく、富士山の溶岩でできた岩場や、ネットでできたアスレチックなど子供たちが遊ぶ場所も充実しているので、ファミリーにもおすすめです。

 

 

自分の見たいアーティストはもちろん、ジャンル問わず、様々なアーティストの演奏をリアルタイムで聞けたので、贅沢な気持ちになりました。
しばらく余韻に浸りたいと思います。

 

FUJI&SUN」、とてもおすすめです!
ただ、寒暖差が激しいので、防寒対策は念入りに!

次回は5/23(木)更新予定です。
お楽しみに~!

 

Read more

【樹木のヒトリゴト】T&Tとは

【樹木のヒトリゴト】T&Tとは

こんにちは。ブビンガです!

先日、家具納品で静岡県牧之原市の方に訪問しました。
私たちの本拠地、富士市からは高速道路を使って約1時間ほどのちょっとした遠出です。

お客様のお宅で素敵な一枚板ダイニングテーブルの仕上がりを見届けた後、安心してご当地ランチをいただくことに。

いつもいつも食べ物のことばかりでスミマセン。

うかがったのは、以前、上司と一緒に一回来店したことのある「カフェレストランT&T」さん。静波海岸から徒歩1分のお店です。

看板や、外観、店内、POPな字体のメニューすべてからそこはかとなく漂う、昔ながらの懐かしい雰囲気、、、このままのスタイルで続いてきてくれたことに感謝したくなるお店です。

今回はチーズ焼きスパゲティを注文!
魚介類たっぷりのトマトソーススパゲティの上にチーズがたっぷりかけられて、焼き目も香ばしく…美味しいに決まってます。美味し過ぎました。

こちら本当にメニューが豊富。
ハンバーグとピラフなどのコンビメニューが人気みたいですよ!価格は抑えめでボリューム抜群。嬉しい限りです。次回はドリンクとケーキも挑戦したいです。

御前崎エリア、静波海岸などに行かれた際は、ぜひ寄ってみてはいかがでしょうか?

次回は5/16(木)更新予定です。
お楽しみに。

 

Read more

【樹木のヒトリゴト】
三島「日ごと」さんのアジアンエスニック

【樹木のヒトリゴト】<br>三島「日ごと」さんのアジアンエスニック

こんにちは。ブビンガです。

お仕事で三島に行ったので、お気に入りのアジア料理と甘いものの食堂「日ごと」さんでランチをしました!

ランチは定期的に変わる3種から選べるのですが、ベトナム料理、タイ料理など東南アジアを中心としたエスニック料理の定食と甘いものが愉しめます。

私は海老のトムヤムクンフォーのランチにしました!
サイプレスさんが選んだガパオも美味しそうです。

もう1種はベトナムのバインミーでした。どれも美味しそうで悩みました。

パクチー好きなので、たくさん摂取できて嬉しい限り。

副菜も美味しい!

 

「日ごと」さんは古家具を使ったインテリアがとても素敵なお店。

華美ではなく、シンプルなのに一つ一つのアイテムに洗練されたセンスを感じます。

いつも美味しいお料理はもちろん、目の保養にもなります。

また再訪したいです!

次回は5/9(木)更新予定です。お楽しみに〜

夏に向けて気になる籠(かご)アイテム新入荷・再入荷してます!
ぜひ、ご覧ください。


 

Read more

【樹木のヒトリゴト】
ケーキを食べましたよ

【樹木のヒトリゴト】<br>ケーキを食べましたよ

こんにちは、アフロモシアです。

実は私、4月が誕生日なのです。
毎年、誕生日とクリスマスにはケーキを食べて、何か自分にプレゼントを買うと決めています。
大人になってもケーキって特別な感じがして嬉しいですね。

大人の一年は何もなくあっという間に過ぎてしまいます。
でも毎年来る誕生日やクリスマスに特別なことをすると、いい一年を過ごせたなと思えるのです。
そんな一年一年が積み重なっていけば、幸せな人生になるのでは、と企んでいます。

今年は"ベイクドチーズケーキ"と"チョコとキャラメルのケーキ"です。
ちょっと地味目ですが、どちらもコーヒーに間違いなく合います。

美味しかった…ごちそうさま。
今年も一つ目のミッションをクリアしました!

次回は4/25(木)更新予定です。
お楽しみに!

Read more

【樹木のヒトリゴト】
日本平動物園に行ってきました!

【樹木のヒトリゴト】<br>日本平動物園に行ってきました!

こんにちは!サイプレスです。

先日、静岡市にある日本平動物園に行きました。
学生の頃ぶりの日本平動物園、園内は変わっているところもあれば学生の頃のままのところもあり、なんだか懐かしい気分になりながら周りました。

この日は暖かかったこともあり、動物たちは日なたでゴロゴロしながらのんびりと過ごしていました。

 


ホッキョクグマのロッシーとバニラ。
仲良く2匹でお昼寝していました。

 ロッシーが足をピンとさせながら伸びをしていて、こちらまで眠たくなってしまいました。

 


アライグマって、意外と大きいですよね!
フサフサのモフモフでなんとも愛らしいです。

たくさんの人間に見られながらお食事していました。
本人は全く気になっていないようでしたが、自分だったら緊張してご飯の味もわからなくなってしまうな~と思ってしまいました。

 


マレーバク。
カメラ目線いただきました!

小さなころはモノトーンの水玉模様としま模様の「うり坊模様」なのだそう。
いつかは見てみたいです。

 

動物園にいるとあっという間に時間が経ってしまいます。
とても充実した一日でした。
大人になるとなかなか訪れる機会も減ってしまいますが、たまには動物たちに癒されるのも良いですね!

次回は4/18(木)更新予定です。
お楽しみに~!

Read more

【樹木のヒトリゴト】
そろそろ "あの" 季節ですね

【樹木のヒトリゴト】<br>そろそろ "あの" 季節ですね

こんにちは、アフロモシアです。
相変わらず寒暖差のある日々ですが、少しずつ春の訪れを感じるようになりましたね。
そろそろあれが気になってソワソワしていませんか?

そう、桜!

まだかな〜と思って桜の木をついついチェックしてしまいます。
残念ながら近くの公園の桜はちらほら咲き始めたという感じでした。

咲くとこんな感じです。

桜満開、待ち切れないですね〜!

次回は4/11(木)更新予定です。
お楽しみに!

Read more

【樹木のヒトリゴト】
物欲おばけ

【樹木のヒトリゴト】<br>物欲おばけ

こんにちは、サイプレスです!

普段このようなお仕事をさせてもらっていると、多種多様な素敵なモノたちと触れ合う機会が多く、新たな発見だったり、はたまた伝統的な技術に触れたりと学ぶことがとても多いです。

オンラインストアに掲載する前は、ひとつひとつの商品と向き合います。
メーカー側の伝えたい思いなども汲み取りながらどんな商品なのか、どんな時に使いたくなるのか、自分だったらこうやって使いたいな、こうだったら楽しいな、などを思いながら商品の細かな部分も観察します。

すると、どうでしょう。
あれよあれよと知れば知るほどその商品が欲しくなってしまうではありませんか。
そしてあれよあれよと買ってしまうわけです。不思議ですよね。

 

そんな中、特にこれは毎日使っている(眺めている)私の中の定番品をご紹介させてください。

まずは、柳宗理のカトラリー。
私は、ケーキフォークとディナーフォークを購入しました!

▼ケーキフォーク

 

 

 

 

 

 

 

▼ディナーフォーク 

どちらも共通して言えるのですが、丸みがあるフォルムなのでとにかく口当たりが優しいです。
横幅を若干広くもたせていてこぼれにくいのも嬉しいです。
パスタなども巻き取りやすいです。

 

日々眺めているのは、静岡県で活躍されている岡部稔さんのワイヤースケッチです。

ひとつひとつ手作業で作られているので姿かたちがそれぞれ違います。
猫たちに狙われないような場所を探しては移動させたりして、その場所での見え方を楽しんでいます。

 

最近購入したこちら。
青森ヒバでできたヒバブロックです。

消臭・脱臭効果があり、クローゼットやハンガーにかけて使っています。
防虫効果もあるので大事にしたいお洋服はこれで守ってあげていますよ。
ほのかに香るヒバの香りと優しい手触りに癒されています。

 

まだまだ紹介したいアイテムがありますが、今回はこの辺で。
日々、自分の物欲と必死に格闘しながら仕事をしているサイプレスでした。

 

次回は3/28(木)更新予定です。
お楽しみに~!

Read more

【樹木のヒトリゴト】
金継ぎが完成しました!

【樹木のヒトリゴト】<br>金継ぎが完成しました!

こんにちは、ブビンガです。
以前から取り組んでいた、器の金継ぎが完成しました!

よかったらご覧ください。

黒の器は吉田直嗣さん作のボウル。
白の器は陶芦澤さん作の白磁のマグカップです。

どちらもお気に入りでしたので、割れてしまって大変ショックを受けておりましたが、漆で補修し、金でお化粧することで、新たな個性をまとって蘇りました。

青緑のお皿は15年以上前に購入したMadu(マディ)のもの。
中央のお皿と一番奥のマグカップは陶芦澤さん作のもの。
奥から2番目の灰色のフリーカップは藤井ノゾミさん作です。

これらの欠け部分は、金継ぎならぬ、銀で仕上げました。

器の色や雰囲気によって、金だけではなく、銀や錫(すず)、プラチナ、銅などで仕上げることもできるそうです。

今回、初めて金継ぎを体験しましたが、その工程の多さや繊細な作業は思い外、大変で苦労しましたが、出来上がりには満足しています。

日本ならではの素材を使って補修することで新たな価値を付け、物を大切にするという気持ちは、改めて素敵な文化だなと感じました。

これからも大切に使っていきたいと思います!

 

次回は3/21(木)更新予定です。
お楽しみに~

Read more